スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

一酸化二水素汚染の恐怖

------------------------------------------

一酸化二水素(Dihydrogen Monoxide:DHMO)の規制を!

DHMOは無色、無臭、無味であるが、毎年無数の人々を死に至らしめている。殆どの死亡例は偶然DHMOを吸い込んだことによるが、危険はそれだけではない。DHMOの固体型に長期間さらされると身体組織の激しい損傷を来たす。DHMOを吸入すると多量の発汗、多尿、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、電解質異常が出現する可能性がある。DHMO依存症者にとって、禁断症状はすなわち死を意味する。

DHMOは水酸の一種で、酸性雨の主要成分である。地球温暖化の原因となる「温室効果」にも関係している。また重度の熱傷の原因ともなり、地表の侵蝕の原因でもある。多くの金属を腐食させ、自動車の電気系統の異常やブレーキ機能低下を来す。また切除された末期癌組織には必ずこの物質が含まれている。

汚染は生態系に及んでいる。多量のDHMOが米国内の多くの河川、湖沼、貯水池で発見されている。汚染は全地球的で、南極の氷の中にも発見されており、中西部とカリフォルニアだけでも数百万ドルに上る被害をもたらしている。

この危険にも関わらず、DHMOは溶解や冷却の目的で企業利用されており、原子力施設や発泡スチロール製造、消火剤、動物実験に使われている。農薬散布にも使われ、汚染は洗浄後も残る。また、ある種の「ジャンクフード」にも大量に含まれている。

企業は使用済みのDHMOを大量に河川、海洋に投棄しており、それはまだ違法ともされていない。自然生物への影響は限りないが、我々は今のところ何も出来ないで居る。

アメリカ政府はこの物質の製造、頒布に関する規制を「経済的理由から」拒んでいる。海軍などの軍機関はDHMOにかんする研究を巨額の費用を投じて実施している。目的は軍事行動時にDHMOを効果的に利用するためである。多くの軍事施設には、地下に近代的な施設が造られ、後の使用に備えて大量の DHMOが備蓄されている。

----------------------------------------

1997年、14歳の中学生がこの「告発文」をつかって、アイダホの科学博で行われたコンテストにある研究結果を発表。
特賞を獲得したそうです。
研究の題目は「だまされやすさの研究」。
同級生50人に上の文章を読ませ、"DHMO"規制に賛成するかどうかをアンケートしたもの。
すでにお気づきのようにDHMOとは単なる「水」のことで、大仰、かつうまく的をはずした書き方でその危険性を告発するようなジョークに仕立ててあるわけですが、じつに50人中49人までがDHMOなる物の危険性に目覚め、何らかの行動を起こす必要性を訴えたとか。

ま、アメリカのガキのことですが、と言ってすませられる様な物ではないのかも知れない。
アメリカ人が「国際的正義」なんぞを主張していても、その実体はDHMOへの告発と似たような物なのかも知れませんな。
もって他山の石とすべきでありましょう
スポンサーサイト
2011-03-29 : 医学の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

万能物質「コカコーラ」

何でも知ってると思ってるあなたに捧げる豆知識

トイレ掃除:コカコーラ1缶を便器に注ぎ、1時間待って流しましょう。便器の黄ばみもきれいになります。

車の金属バンパーの汚れ落とし:アルミホイルにコーラをたらし、それで磨きましょう。

車のバッテリーの電極掃除:バッテリー液を入れる穴からコーラを1缶入れます。サビはすっかりきれいになります。

さび付いたボルトを緩める:布きれにコーラを浸し、数分間ボルトに巻き付けておきましょう。

ハムを柔らかく調理する:オーブン皿にコーラをいれ、アルミホイルで包んだハムを入れて焼きます。最後にホイルを取り除き、焼き汁とコーラがよく混ざると素敵なソースになります。

衣服に付いた油を取り除く:洗濯機に洗剤と一緒にコーラを1缶いれ、普通に洗濯します。

車の窓ガラス掃除に:アスファルトピッチもきれいに落ちます。

それに勿論、飲んだっていいんですよ!
2011-03-26 : 食べ物の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

教会の奇跡

1950年3月1日、ネブラスカはベアトリスと言う町での出来事。
その日の夕方、その町にあるバプテスト教会のクレンペル牧師が、7時半から始まる聖歌隊の定例練習にそなえ、暖炉をつけて一たん家に帰りました。夕食を済ませ、妻と娘をつれ教会に戻ろうとしたとき、娘のドレスが汚れているの気づき、着替えを待っていて、戻るのが遅くなりました。

聖歌隊メンバー、高校生のラドンナは、いつもは早めに出かけるのに、宿題に出された地理の問題に手間取り、その日は遅れてしまいました。
近所のメンバー、ロエナは準備が出来ていたのに、何故か車のエンジンがかからず、ラドンナと一緒に教会へ行くことになり、結局遅れてしまいました。

ほかの聖歌隊メンバー、レナード夫人は娘のスーザンといつもなら7時過ぎには教会に着くのですがが、その晩は母親の手伝いのため遅れてしまいました。
旋盤工のハーバートは重要な手紙を書いていて、出かける時間なのに、「どう書いていいか判らず」なかなか出かけられないでいました。

その日はとても寒い夜でした。
速記者のジョイスは、「単にけだるくて」暖かい家を離れられず、ぐずぐずと出かけるのをためらっていました。
技術者のハーベイは妻が出かけていたので、二人の子供の面倒を見て、いつになく手間取り、出発時間に遅れました。
聖歌隊の指揮者であるポール夫人は、午睡していたピアニストの娘がなかなか起きなかったので遅刻してしまいました。
高校生のルシルとドロシーはお隣同士で一緒に出かける約束をしていましたが、ルシルがどうしても最後まで聞きたいラジオ番組があるからと言って、二人とも7時半にでることにしました。

7時25分ごろ、大音響がベアトリスの町に響きました。
バプテスト教会が爆発したのです。壁はあたりに消し飛び、屋根はすっかりバラバラになって散らばっていました。
しかし、爆発当時そこに集まっていたはずの聖歌隊の人々は、偶然の事情でみな遅刻し、誰も現場にはいなかったため、怪我人はいませんでした。

消防隊は壊れたガス管から漏れたガスが教会に入り込み、暖炉の火に引火したのではないか、と考えました。
聖歌隊の人々は、事故の原因に心当たりはありませんでしたが、みなそれぞれに、自分たちの命が救われた偶然を想い、まさしくこれが「神の御わざ」であったと知り、深く神に感謝の祈りを捧げたと言うことです。
2011-03-23 : その他の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

指ポッキンは害になる?

「指ポッキン」とは、一般的に言うのかどうか知らないけれど、誰もが知っているであろう「指の関節をポッキンと鳴らす行為のことを意味します。
手指のMP(指の根本の関節)PIP(指の手掌側関節)まではポキポキ鳴らす人が多いですが、人によってはDIP関節(指の遠位関節)まで鳴らしてまだ飽きたらず、足指の関節から主な体幹関節まで鳴らすことの出来る豪の者もいます。
脊柱の椎間関節も体をねじった時など鳴ることがあるのはご存じの通りで、いわゆる「カイロプラクティック」という非正統的治療法の根幹をなすテクニックは、(TVなどで見る限りでは)脊柱ポキであるようです。

何故あのような音が出るのか、というのはクイズの問題などでも時々出題されていますが、「関節液が急に減圧されるために、溶けていた気体が発泡する時の音」と言うことになっているようです。
なんでも関節液量の15%に当たる容量の気体(ほとんどCO2)が突然出現するために、関節包がペッコンと振動するのがその本態だとか。

ポキポキ鳴らすのを癖にしていると関節障害の原因になる、とよく言われるそうなんですが、実際はどんなものなんでしょう。

要約すれば
(1)習慣的指ポッキン者たちに関節炎、関節損傷が多いという統計的傾向は認められない。しかし、筋力の低下や軟部組織の腫れなどの傾向はある。しかし、指ポッキン常習者には肉体労働者が多いので、彼らの飲酒喫煙などの影響も考えなくてはいけない。
(2)ポッキン現象によって関節そのものには影響はないが、関節の動きには急激な変動がくるので、関連する靱帯や筋肉に影響があるのは避けられない。しかし逆にストレッチ効果を少ない外力で得られる。
(3)長期的害はないが、これが好きな奴は無茶して鳴らそうとするので、たまに急性の損傷を起こすこともあるぞ、というもの。大胆にまとめてしまうと、「長期的影響はない」として良いようです。

思春期の男の子が「頭が最近ぼーっとする。首をポキポキ鳴らす癖が付いてからこうなった」と訴えて来る例を筆者は比較的多数例経験していますが、少なくともその行為が直接中枢神経機能に影響する根拠はどこにもありません。首ポッキン行為は指よりも頭に近い分、伝説化しやすいパワーがあるのかな、と言うところ。
2011-03-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

携帯電話/PHSで癌になる

電磁波の危険性が騒がれていまして、家電、コンピュータ、高圧送電線が発する電磁波が癌や白血病の発症ばかりでなく、様々な健康被害をもたらすと告発されています。
なかにはかなり混乱した意見もないではなく、電子レンジのような加熱目的の高パワーの危険性をそのまま送電線などの電磁場の害と同一次元で語ったりされていることもあります。
(そのくせ健康機器として、「高周波治療器」なんかが結構売れたりするのだから訳が分からない)

そうした中で携帯電話/PHSの危険性というのは、「通話していないときでも電波を出す」「医療機器の動作を妨害する(場合があると言われている*)」「頭部に密着させて使う」ということからかなかなかのリアリティを持って流布していました。
ところが、実際に医学雑誌を当たってみても、そんな論文、どこにも見つからないんですよねぇ。
せいぜい高出力の電磁波が細胞障害や遺伝子障害を引き起こすのは確かだが、携帯電話の電波程度ではどうなるとも言えない、と言う程度。
「長期間の影響となると不明の筈だ」と言われるかもしれませんが、例えば100度の熱湯につかればやけどをするのは確実でも、40度の風呂に長時間はいっていてもそう影響ないのと同じ様な物だと思うんですけどね。甘いかしら。

携帯電話の電磁波については、電車の中などで声高にこれを使う連中への非難の根拠と言う要素もあってよけい忌諱されるようです。
さすがに2~3人に一人は持つようになった今日この頃、見せびらかすように用もなさそうな話を大声でするようなダサイことする人も少なくなり(でも時々いますな)、それに実際持ってみればこれはなかなか便利な物なので、他人が使ってた時には非難したような人も、いつの間にか電車の中でも「あ、お父さん、今から帰るから」なんて使うようになる。そのうちこれも完全に失われた伝説化するか、危険性をふまえた上でのちゃんとした使用指針が確立することでしょう。
2011-03-13 : 医学の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

関節にフジツボ

これは色々なパターンで流布しているようですが、「ワイキキビーチで膝を切り、何時までも痛みがひかないので病院で診て貰ったところ、膝関節の中にフジツボが出来ていた」というものを聞いたことがあります。
ハワイではよくある話らしい。
人間の体液は海水と同じ様なもので、フジツボの卵には最適な環境、骨に付くと広がる一方と言うことだけれど、というような何となく科学的な説明まで付いていました。

もちろんこんな事があろう筈はなく、怪しげながら事実に擬せられて伝搬する都市伝説の好例です。
ワイキキには本来砂地がなく、北の海岸から砂を持ってきてビーチを人工的に作ったので、ちょっと海岸から離れると岩がごろごろで怪我をしやすく、向こうで病院に行くのも面倒でそのまま帰ってくる物だから化膿したりしやすい、という背景があるとおもわれます。
「ハワイ帰りの怪我」というちょっと得意な面はゆさが、「フジツボに寄生される」というバッドテイストなイメージとうまく融合したんでしょうね。 
2011-03-10 : 医学の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

冷えると風邪をひく

英語では風邪のことを「コールド(cold)」といい、まさしく寒さが風邪をおこすという信念をよく表しています。
もちろん日本でも、「明日から急に寒くなりますので、風邪に注意してください」と天気予報を締めくくるくらいで、寒さ=風邪にかかる前提というのは誰もまず疑いません。

この常識に真っ向から挑戦した研究論文が、1958年と1968年にアメリカで出版されています。
両方とも、かなり多数のボランティア被験者(どうも囚人らしい)を使い、厚着、薄着で低温環境に望み、風邪をひく率を出したもの。
後者は同じ様な条件に加えて、ご丁寧に鼻風邪のウイルスを点鼻するという要素を加えています。
それぞれ結果はどうだったかというと、「気温や衣服の条件は、全く風邪の発症率に影響しなかった」というもの。

風邪のウイルスは寒いところを好むので、冷えると風邪をひきやすいという風にもっともらしさを加えた言い方もあるのですが、後者の実験はこの説も否定しています。
暖かくしていようがどうしようが、いったんウイルスが鼻粘膜に侵入すれば、どんなに免疫が活発であろうと、95%の人は感染し、その75%が風邪症状を示すのです。

欧米の学術団体が開設している風邪予防の啓蒙サイトをあちこち訪問してみると、「風邪は寒さとは無関係」という主張は徹底しています。
ウイルスに汚染された手を鼻の粘膜に突っ込むのが主な感染経路になるので、鼻の穴をほじらないのと、手をきれいに洗うこと、咳やくしゃみをしている人に近づかないことだけが有効な予防策とされています。

「どうにも納得いかない、現に俺は寒いところで我慢して仕事してたらてきめんに風邪ひいたぞ」と言われる方もおられるでしょう。
でもそれは後からそう考えるだけのことです。
寒いところにいながら風邪を引かなかったことのほうが多いはずなのに、たまたまそういう経験すると関係があるように思えるという、多くの伝説成立に見られる無理な理屈付けとおなじ事をしているわけです。
寒いところにいると風邪に至らないまでも鼻水が出てくることはあり、それと風邪のひきはじめのゾクゾク感が、ますます低温と風邪の関連付けを強化しているようです。

しかし、現に冬に風邪ひきは多いではないか、それはどう説明するのだといわれると、少々苦しいのは事実。
寒いので同じ部屋の中に集まる傾向がおおくなり、蔓延しやすいのだというようなあまりすっきりしない説明になるようです。
啓蒙サイトでは正直に「原因はよく判らない」とされています。
ただし、いわゆる鼻かぜの主要な原因となるリノウィルスがもっとも拡がるのは春と秋で、もう少し重症の風邪をひきおこすエコーウィルスは確かに冬に多いとのこと。

実際は、暑い盛りにだって風邪はひきます。
それでも、暑い夜だったのでふとん掛けずに寝て体を冷やしたのだろうという風に、冷えが風邪の原因という一度成立した信念があると、つごうのいい部分だけが説明の根拠として使われ、疑いの材料にはまずならないのです。
2011-03-07 : 医学の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。