スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

チョコレートと鼻血

子供のころに、「チョコレートは食べ過ぎると鼻血が出るから、たくさん食べてはいけない」と親から言われたことはないだろうか?
実際、チョコレートのような食品は栄養価が高く、一度にたくさん食べると体内にエネルギーが過剰に吸収され、はけ口がなくなった結果として鼻血を引き起こす。そのため、チョコレートを食べる際には十分に注意しなければならない。

続きを読む

スポンサーサイト
2011-05-20 : 医学の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

溶接実習

これは、とある工業高校で実際に起きた話である。

その日は実習授業の一環として溶接が行われていた。鉄を溶かして加工する溶接では、凄まじい光とともに数千度の熱が発生する。
そんな中、ある男子学生が額の汗を拭おうと、目を保護するための遮光マスクをはずしてしまった。そしてその瞬間、隣の学生の溶接作業から発せられた強い光を直接見てしまう。

その夜、コンタクトレンズを使用していた彼は、いつものように目から外して寝ようとした。しかし、いつもと違ってレンズがなかなか外れない。彼が焦って手に力を入れると、ぽとりとコンタクトレンズが手のひらに落ちた。だがその瞬間、彼の片目の視界が闇に包まれた。

彼はパニックになって救急車で病院に運ばれると、医者からこう言われた。
「あなたのコンタクトレンズは、角膜と完全にくっついていました。恐らく、溶接中の強い光を直接見てしまった際に、コンタクトレンズと角膜とが癒着してしまったのでしょう。残念ですが、もう片方の目も…」

それからしばらくして、彼の視界は完全に失われた。

続きを読む

2011-05-15 : 医学の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

コンビに弁当の恐怖

コンビニエンスストアでアルバイトしていたある男子大学生が、自宅のアパートで死んでいるのが見つかる。
検死の結果、死因は心臓発作であったが、一つだけ奇妙な点があったという。それは、死亡してから三ヵ月以上が経過しているにも関わらず、遺体の腐敗がほとんど見られなかったからだ。
どうやら彼は、バイト先のコンビニから売れ残った「コンビニ弁当」を貰っていたらしく、それを毎日のように食べていたらしい。
そして、その「コンビニ弁当」に含まれている大量の「保存料」が、彼の遺体を腐敗から防いだというのだ。

続きを読む

2011-05-10 : 医学の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

赤玉

もし、これを読んでいるあなたが男性ならば気をつけてほしい。

それはオナニーをしている時のこと、短時間に何発も射精すると体内の精子が枯渇してしまい、最後にちんちんから「赤い玉」が出てくるのだ。この「赤い玉」は打ち止めを示しており、一度出てきてしまうと以後どんなに頑張っても二度と精子が出ることはないという。
「赤い玉」が出てくるタイミングには個人差があり、年齢によっても変わってくるが、くれぐれも短時間にオナニーをたくさんすることだけは避けた方がよい。

続きを読む

2011-05-03 : 医学の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。