スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

教会の奇跡

1950年3月1日、ネブラスカはベアトリスと言う町での出来事。
その日の夕方、その町にあるバプテスト教会のクレンペル牧師が、7時半から始まる聖歌隊の定例練習にそなえ、暖炉をつけて一たん家に帰りました。夕食を済ませ、妻と娘をつれ教会に戻ろうとしたとき、娘のドレスが汚れているの気づき、着替えを待っていて、戻るのが遅くなりました。

聖歌隊メンバー、高校生のラドンナは、いつもは早めに出かけるのに、宿題に出された地理の問題に手間取り、その日は遅れてしまいました。
近所のメンバー、ロエナは準備が出来ていたのに、何故か車のエンジンがかからず、ラドンナと一緒に教会へ行くことになり、結局遅れてしまいました。

ほかの聖歌隊メンバー、レナード夫人は娘のスーザンといつもなら7時過ぎには教会に着くのですがが、その晩は母親の手伝いのため遅れてしまいました。
旋盤工のハーバートは重要な手紙を書いていて、出かける時間なのに、「どう書いていいか判らず」なかなか出かけられないでいました。

その日はとても寒い夜でした。
速記者のジョイスは、「単にけだるくて」暖かい家を離れられず、ぐずぐずと出かけるのをためらっていました。
技術者のハーベイは妻が出かけていたので、二人の子供の面倒を見て、いつになく手間取り、出発時間に遅れました。
聖歌隊の指揮者であるポール夫人は、午睡していたピアニストの娘がなかなか起きなかったので遅刻してしまいました。
高校生のルシルとドロシーはお隣同士で一緒に出かける約束をしていましたが、ルシルがどうしても最後まで聞きたいラジオ番組があるからと言って、二人とも7時半にでることにしました。

7時25分ごろ、大音響がベアトリスの町に響きました。
バプテスト教会が爆発したのです。壁はあたりに消し飛び、屋根はすっかりバラバラになって散らばっていました。
しかし、爆発当時そこに集まっていたはずの聖歌隊の人々は、偶然の事情でみな遅刻し、誰も現場にはいなかったため、怪我人はいませんでした。

消防隊は壊れたガス管から漏れたガスが教会に入り込み、暖炉の火に引火したのではないか、と考えました。
聖歌隊の人々は、事故の原因に心当たりはありませんでしたが、みなそれぞれに、自分たちの命が救われた偶然を想い、まさしくこれが「神の御わざ」であったと知り、深く神に感謝の祈りを捧げたと言うことです。
スポンサーサイト
2011-03-23 : その他の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。