スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

溶接実習

これは、とある工業高校で実際に起きた話である。

その日は実習授業の一環として溶接が行われていた。鉄を溶かして加工する溶接では、凄まじい光とともに数千度の熱が発生する。
そんな中、ある男子学生が額の汗を拭おうと、目を保護するための遮光マスクをはずしてしまった。そしてその瞬間、隣の学生の溶接作業から発せられた強い光を直接見てしまう。

その夜、コンタクトレンズを使用していた彼は、いつものように目から外して寝ようとした。しかし、いつもと違ってレンズがなかなか外れない。彼が焦って手に力を入れると、ぽとりとコンタクトレンズが手のひらに落ちた。だがその瞬間、彼の片目の視界が闇に包まれた。

彼はパニックになって救急車で病院に運ばれると、医者からこう言われた。
「あなたのコンタクトレンズは、角膜と完全にくっついていました。恐らく、溶接中の強い光を直接見てしまった際に、コンタクトレンズと角膜とが癒着してしまったのでしょう。残念ですが、もう片方の目も…」

それからしばらくして、彼の視界は完全に失われた。

似たような話は日本だけでなく世界中にあり、発祥はアメリカであるとされています。主に、造船所や工業高校などといった、「溶接」に縁のある場所で広まっているそうです。
しかしながら、日本溶接協会によると、このような事故の事例は今までに報告されていなく、被災者も確認していないとのことです。また、失明という重大災害でありながら、厚生労働省をはじめとした労働安全衛生関連の諸団体から事例として公表されていません。
以上のことから、この「都市伝説」は単なる噂に過ぎないといえるでしょう。

スポンサーサイト

2011-05-15 : 医学の都市伝説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。